フランチャイズ2017年03月31日

今月は「フランチャイズ」について話をする機会が多くありました。

フランチャイズシステムというのは、簡単に言うと、ビジネスを拡大したい人(フランチャイザー=「ザー」)と実績や経験がないけれどもそのビジネスをやりたい人(フランチャイジー=「ジー」)が契約 して、フィー(手数料)と引換にノウハウ・ブランド力・商品力などを得て事業展開をすることです。

今回、私がいろいろと考えたり話をしたり聞いたりして思ったのは、真のフランチャイズというものは  『お客様が幸せになる(豊かになる)思想とシステム』なのではないかということです。フランチャイズに  ついてそんな言い方は聞いたことがないという方があるかもしれませんが、今になって私が思っていることなのです。ブランドとしての体裁や利益や効率はもちろんですが、その会社やブランドが持っている   「思想」をザーとジーが共有しない限り繁盛して拡大することにならないからです。

店で働く人と、そのブランドに係わるスタッフ、経営陣が皆で、そのブランドの磨き上げに積極的にかかわること、それが底力になります。日本中・世界中に「良いFCが増えて欲しい」心からそう思います。


流通の激変2017年03月01日

宅配大手の会社が、これからの荷物取扱量を制限し、時間帯指定の時間帯の見直しをするという記事が先日から相次いで出てきました。その背景には、集荷・集金・配達・再配達の繰り返しによる集荷配達の現場では仕事の限界を超えていた、会社がその現状を認識して働く人の正しい労働環境を確保したいという思いがあるのだと思います。その原因となったのは、ネット販売の急速な成長と拡大によるものです。

日本の歴史を振り返ると、「店舗販売」「現金販売」が始まったのは340年余り前のことでした。それまでは、売る人が商品を持って各地を回る「訪問販売」「行商」だったのです。それ以来ずっと「店に品物を置いて売る」ということが一般的でしたが、この20〜30年で変わってきました。「通信販売」「テレフォンショッピング」「テレビショッピング」「インターネットショッピング」の成長により、「店」の建物がなくてもビジネスが成り立つようになったのです。

ここで、実店舗の有無で違うことは何でしょうか?
お店を構えるには、家賃・接客の人件費などが必要ですが、店がなければそれは不要です。
お店で売るにはお客様が来店するので送料は不要ですが、ネット販売では送料が発生します。そうなると差別化のポイントは、物流費・送料です。

そろそろ、インターネット価格競争時代に入ったようです。自分で物流のネットワークを持ち、商品のマーチャンダイジングを構築している会社は圧倒的に強くなります。品質と安全の保証ができること、中間マージンがなくなり流通コストが下がること、これは圧倒的な「強み」です。

一方で、「送料ゼロ」の時代は終わります。
「発送する人」「預かって届ける人」「受け取る人」のどちらにとっても、無理することなくどこかの負担が重くなりすぎることのない、正当な「送料」の確認が必要です。
外部に配達を依頼する以上は、きっちり支払いをしてプロの仕事に任せる。送料がかかっても欲しい商品を創り出し続ける、「送料ゼロ」かどうかか商品の選択の判断基準とならない圧倒的な魅力のある商品を作る、その「商品としての価値づくり」が決めてではないかと思います。

店舗費用がいらない分を送料にかけてでも商売が成り立つこと、お客様から買っていただくことのできる「いいもの」を少しずつ増やしていきたいですね。

AIについて2017年02月01日

このところ、AI(人口知能)のニュースをよく見たり聞いたりします。
食のビジネス関係でも「店の受付と案内をするロボット」や「調理をするロボット」の話題が出てきています。そこで、私が皆さんと共有したい考え方は『AIを身近なものにして友達になろう』ということです。

50年前、コピー機などありませんでした。パソコンもありませんでした。携帯電話もありませんでした。生まれた時からある若い方々は「あって当然」と感じると思いますが、「新しいものが出た」時にそれに向き合うというのは、それまで経験していないのですから、結構大変でした。

当時、一緒に仕事をしていた私よりも年上の人が、文書を作成するのに、それまでは「手書き」だったのを「ワープロ」に切り替えました。ワープロは今でこそパソコンのソフトウェアのひとつですが、「和文タイプライター」「英文タイプライター」が「ワードプロセッサー」という小型の専用機として登場したのは、本当に画期的なことでした。そして、その人は、慣れないながらもそれに取り組んでその後も何でもパソコンで作業するようになりました。

今回も、皆で少しずつ馴染んで身近なものにしたいと思うのです。
大量のデータを解析して提案する、作業をひとつひとつ分析して正確に処理する、そういったことはどんどんAIとロボットがやっていくことになると思います。
そうすると、外食では、「入店の受付」「席の案内」「メニューの説明・注文」「調理」「支払い」などが可能になり、特にファーストフードでは急激に導入が進むことが考えられます。
そして、「食材」「労働時間」「座席の回転率」のロスの改善などにも役立つことと思います。

外食で働く人は、もしかしたら「仕事を取られる」と不安に思うことがあるかもしれませんが、そうではありません。『AIとロボットを優秀な部下として活用しよう』と考えたいと思います。こうなったら、それこそ外食の「人にしかできないこと」が力を発揮するのです。
何かのニュースで「だからこそ『カン(勘)ピューターの時代になります』と言っていた人がいました。私達には「心」があります。だからこそ、お客様の、一緒に働く仲間の、気持ちを感じることができる心豊かな人の集団でありたいものです。

トップブランド2017年01月01日

あけましおめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、数年前に高倉町珈琲を始めようとした時に感じたことがありました。
それは「この数年で『カフェがブームになって乱立する』だろう」ということでした。
そしてその結果、まさに昨年から今年がその状況になりました。

私は、フードビジネスは他の店を見て勉強することも大事だとは思いますが、一番大事なのは、「自分の店がやるべきことをやっているかどうか、お客様がそれをどう評価しているか」ということではないかと思います。

「おいしく食べて健康になってもらう」ための努力を続けているか、お値打ち(皆さんはコストパフォーマンスというかもしれませんが、私はこの言葉を使いたいです)のある店・商品・接客になっているかどうか、お店の売りは何ですか、ということです。

そして、トップブランドになるには1店1店をいい店にすることです。
「わかっている」「知っている」という言葉はいらないのです。
「行動する」、そのための一歩を踏み出しましょう