やさしい社会2019年06月12日

80歳になって一年半が経ちました。体の反応が遅くなってきたなあとつくづく思います。

ずいぶんと忘れっぽくなりました。「メガネ・財布・スマホ」の三点セットを確認してから家を出ます。それでも、他に荷物があると、あっという間に何かを忘れます。
庭の水やりをしていて、蛇口を閉め忘れて水びたしにすることもありました。
ゴルフの飛距離はどんどん落ちてしまったのですが、ここしばらくはかなり頑張ったのでまた少し伸びて、スコアで負ける回数が減りました。これはうれしいことでしたが、その分、体の疲れが増えました。

でも、口数は減らず、しゃべるスピードは速くなるばかりです。これは私の元気の証拠です。
前にもお話しましたが、私が築地に入った時、おやじさんから「お前のしゃべり方と歩き方は遅い。それでは商売にならないよ。」と言われました。それからずっとしゃべるスピードをあげることに努力してきました。だから、今さらゆっくり話すことなど心がけてもとてもできないのです。おやじさんが「遅い」と言わなくなった時、それが商売人の条件をひとつ達成した時だったと思います。

おやじさんは、「いい商売をするには、速いしゃべりと歩き方が必要」ということをまず教えてくれました。そして、できるようになるまでは「遅い」「遅い」といい続けてくれました。何も言わなくなったということは「OK」という評価だったのです。褒める人ではなかったので、「叱らない」ということは私にとっての「合格通知」のようなものでした。

さて、ここでまわりを見回してみると、今の世の中には「やさしさ」が不足していると思います。
人を育てるには、「教えて」「ほめて」「叱る」ことが必要です。言われる側がうれしいこともいやなことも言ってやらないといけないのです。
それなのに、親が子に、先生が生徒に、まず「人としての基本」を教えていないように思うのです。
しなくてはいけないこと、してはいけないこと、それをしっかりと教えているでしょうか?
そして、こどもがしたことについて、「ほめる」「叱る」ことで評価をしているでしょうか?
教えないと叱ることもできません。

自分の家族に限らず、地図を見て困っている人、誰かに何かを聞きたい人、「やさしさ」が必要な場面は、手の届くところにいっぱいあります。そこでは、声をかけてみてはどうでしょうか? その様子を見た人は、何がいいことか、体感としてひとつひとつ身についていきます。

思いやりと親切、皆の「やさしい」行動で楽しくていい社会になりますね。
高倉町珈琲は、いい人が仕事をして、お客様から喜ばれるいい店を目指して、働く人が人生をかけるだけの意味のあるいい会社にしたいと思います。