築地の移転2019年03月06日

築地市場が豊洲に移転して数か月が経ちました。
築地では、場内の解体が進んでいて、場外は観光客の食べ歩きや買い物を中心ににぎわっていると聞いています。
一方で、豊洲の新市場は、事業者からの話は聞いていませんが、見学者(観光客)からは、動きづらいし、不親切だということを聞きました。

私が築地に入ったのは17歳の時ですから、60年以上前のことになってしまいました。
「築地大学」での在籍は4年間足らず、1955年から58年、昭和30年代の冒頭でした。
自分が未熟な部分はありましたが、それでも、「築地が日本の『食』の中心だ」ということは、毎日、身を持って感じていたことです。

築地の移転話は、私がいた頃から何度もありました。
まずは、月島へ移転する話、これは築地の場外市場組合の反対で、なくなりました。
つぎに、築地の工事をして地下を駐車場にして地上を市場にする話、これは、場内の組合も場外の組合も進めようとしたのですが、東京都からは費用がかさむということでなくなりました。
そして、大田市場へ移転する話、これは狭くてだめでした。
昨年秋、本当に時間がかかって遅れて、やっと豊洲市場が開場したのです。

60年経つと時代が大きく変わりました。
社会の変化・経済の変化・情報の変化・物流の変化・多くのことが変わったのです。
極端な言い方をすると、築地も豊洲も「プロの商売人が減った」ように感じます。
「市場」を通さなくても、商品が産地から買い手に届く仕組みが拡がって、市場の必要性がずいぶん減ったことも一つの理由だと思います。流通のための時間もかなり短縮されました。

私は、豊洲新市場にも、今の築地の場外にも行っていませんが、移転してしまった以上、場外でのプロ相手の商売が店売りだけでやっていけるとは思えません。また、別なことですが、小池知事の築地の跡地利用についての話は言っていることがコロコロ変わるばかりでとても評判が悪いです。

築地の場外の人の話では、市場の移転後場外で商売を続けていた店のうち、先月までには数店が店を閉め、今年中には30店余りが閉店する予定だということです。「場内」と「場外」というプロ向けの店が絶妙なバランスで商売をして成り立っていたのが築地だったのだなあと、私は今、しみじみと思います。

次回は、「伊勢龍」の話をします。