伊勢龍の閉店2019年04月30日

前回は築地の移転のことをお話しました。
その理由は、実は、私の商売の原点となった店、「伊勢龍」が廃業することにしたと聞いたからです。

1955年、伊勢龍に就職した私は、4年間、8人分の食事を1日3食、つくり続けました。8人というのは、おやじさん、おかみさん、働く人は格上から順に、しんちゃん(高崎出身)、みっちゃん(金沢出身)、だっちゃん(名古屋出身)、こーちゃん、おやじさんの次男の省ちゃん、そして私です。その内の半分は亡くなり、二人は不明、省ちゃんとは今でも連絡が取れます。

よく話すことですが、就職した時には「食事づくりは新人が来るまで」と言われたものの、私が就職した後に世間全体では「就職難」が「求人難」に変わってしまいました。だから私の食事づくりは続いたのです。

その初めの頃、私はご飯を炊くのに苦労しました。一升炊きの釜にぎりぎりまでお米と水を入れて炊きますが、その足元はかまどではなく裸火のガスバーナー、すきま風でも吹くものなら三段めしになってしまいます。三段めしというのは、釜の中での米の環流がよくないために下が焦げ、真ん中は普通、上は炊け不足で固くなってしまうご飯炊きの失敗です。炊き始めの頃、私が炊いて何度か三段めしにしてしまうことがありましたが、おやじさんは「いいよ、平気だよ」と言って、ご飯の上に新聞紙を敷いて炭を拡げてふたをしてしばらく置き、焦げ臭さが減るようにしてくれたのです。私はそれが申し訳なくて、ダンボールで囲いをしたりしているうちに何とかうまく炊けるようになりました。その時のおやじさんの優しい見守りが今でも忘れられません。

先日、伊勢龍に行ってきました。木造の骨組みがしっかりしているので、2階も3階もそのままでした。
私達がベッドとして使っていた壁際の木造りの柵もそのまましっかり残っていました。おやじさんの別の子どもたちが店をやっていて、お客さんとのやりとりの言葉も店舗も築地そのままでした。

私が築地にいたのは60年前のこと、築地での4年間の生活全てが私の今日の基礎を作ってくれました。
メモの紙には裏紙を使うのは当たり前、輪ゴムは洗って使う、曲がったくぎは伸ばして使う、おやじさんの節約が思い出されます。人は誰に出会うかでその一生が決まるものだと、今日、改めて実感しています。
おやじさんと築地の皆さん、本当にありがとうございました。