新潟笹口店オープン2019年07月18日

新潟県に初めての「高倉町珈琲」、新潟笹口店がオープンしました。
店長と働く仲間の皆さん、おめでとう。

今回驚いたのは、働く仲間の募集に対して400人もの応募があったということです。そのため、募集は途中で打ち切りました。多くの方の応募を得られたことは大変ありがたいこととうれしく思います。

前にお話しましたが、私達の計算では、日本中に150店の「高倉町珈琲」を出すことが出来ます。
その中で、新潟県には3〜5店出すことが出来ると思っています。

そして、今年は特に、「動き」の年、フランチャイズの新しい形に取り組んでいます。
それは、「地方(ローカル)」の「地域(エリア)活性化」です。
日本では、もともと、銀行がない時代から有望な商売人に対して「融資をして育てる」という気質がありました。私は、令和の時代になって改めて、「日本の良いやり方」をひとつひとつやり直すことが求められているように思います。「安さ」を追求することだけではなく、「お客様が毎日を気持ちよく、時間を楽しんで、喜んでいただくためには何をすればいいのか」をいつも考えて行動する必要があります。それが商売なのです。

「きれいな店で、おいしい飲み物と料理で、親切な接客で」お客様をお迎えする、それが高倉町珈琲です。
また、「いい人・いい店・いい会社」、働く誰もが成長して、お客様に喜んでいただく店にして、しっかりと利益を出す、そのことに全員で取り組みます。さあ、お客様をお迎えしましょう。働く皆さんには、大切な時間を使って、活き活きといい仕事をして欲しいです。皆さんの笑顔があふれるいい店、楽しみにしています。

高岡店オープン2019年04月22日

富山県に3番目の「高倉町珈琲」、高岡店がオープンしました。
店長と働く仲間の皆さん、おめでとう。

高岡店は、北陸地区で店を運営しているFC社の4店目の「高倉町珈琲」です。
最初の「金沢桜田」店は、先日オープンから満4年を迎えることができました。そして、一昨年には「富山飯野」店、昨年には「富山黒瀬」店がオープンしたのです。
ここまで来ることができたのは、経営者が「いい店を出してお客様に喜んでもらおう」という強い意志を持ち続けたこと、そして、店の存在がお客様に支持されるものになったからではないかと思います。

そうなると、店ばかりではなく会社としての信用力も高まります。お蔭様で高岡店では、銀行関係の方々からのご協力も今までに増して頂戴することができました。ありがとうございます。

そして、高岡店のオープン店長はフードビジネスの店長を20年ほど経験してきたベテラン店長です。
これまでの経験を活かした上で、「高倉町珈琲」の目指すべき店長として「いい人」を育てるために努力し、いい店づくりに磨きをかけてくれるものと思います。高岡店の皆さん、どうぞ一緒にいい仕事をしてください。

「きれいな店で、おいしい飲み物と料理で、親切な接客で」お客様をお迎えする、それが高倉町珈琲です。
いい仕事をすると笑顔もどんどん良くなります。働く皆さんには、大切な時間を使って、活き活きといい仕事をして欲しいのです。皆さんの笑顔があふれるいい店、楽しみにしています。

前橋店オープン2019年03月22日

今年最初の店、前橋店がオープンしました。
店長と働く仲間の皆さん、おめでとう。

私達は、昨年、高倉町珈琲の展開について、全国の15万人の人口ごとに1店つくろうと決めました。
それによると最大150店の出店が可能です。積極的にフランチャイズも進めたいと思います。
店数を増やすことが目的ではなく、「いい店」をつくってお客様のお役に立つことが目的なのです。
地域のお客様に必要とされる店づくりを、しっかりとじっくりと進めていきます。

人と人のコミュニケーションの手段が随分増えて、顔を見なくても色々なやりとりができるようになりました。
でも、私は、直接、相手の顔を見て話しをすることはますます重要になっていると思います。
思い切りおしゃべりをして、おいしいものを食べて、気持ち良く過ごして、心がすっきりし、ストレスがなくなったりすると、元気になることができるのではないかと思うのです。お客様がお店を出る時には、
「よし、がんばろう」と前向きになることができたらいいですね。

私達は、「きれいな店で、おいしい飲み物と料理で、親切な接客で」お客様をお迎えしましょう。
調理や接客の技術も毎日の努力でレベルアップします。働く皆さんには、大切な時間を使って、活き活きといい仕事をして欲しいのです。笑顔の皆さんのいい店づくりを楽しみにしています。

新年にあたって2019年01月01日

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年の年頭に「高倉町珈琲を最高の会社にする」のが一番の私の仕事だとお知らせしました。
努力を重ねて「初めてできた取り組み」もいくつかありました。
しかし、まだまだ途上、基本にもどって「いい人・いい店・いい会社」づくりに取り組みたいと思います。
「きれいな店・おいしい料理・親切な接客」を全員で心にとめてお客様をお迎えすることが大事です。

体を大切にして、いい仕事をしましょう。